写真を仕事にする

PC

デザインに関する仕事を志している場合、デザインの専門学校へ通うことで最先端の、レベルが非常に高い勉強をすることができます。第一線で活躍するプロのデザイナーやクリエイターが教壇に立ってくれるという素晴らしさももちろんですが、学生の自主性に任せてくれるというところが非常によく、どのようなことを学んでどのようなことを吸収してどのような職業を目指せるのか、というのは自分次第ですが、それだけ飛躍の場があるということでもあります。

デザインの専門学校で学べるのは、イラストやデザイン、ウェブデザイン、グラフィックデザインなどの創作の部分だけではありません。写真についてもまた、デザインの専門学校にて学ぶことができます。
写真は、アプローチの仕方はデザインと変わってきますが、人の視覚に訴えかける芸術である点では同じです。そのため、写真について学べるデザインの専門学校もあるのです。
写真を学べる学部や学科では、写真に関する専門的なことを学んでいきます。外へ出て活動することはもちろん、実際に活躍しているフォトグラファーによる講演会やワークショップも行われ、大規模な撮影合宿だって行われます。

また、デジタル部分の技術も学んでいきます。写真はただ撮ればいいというものではなく、現在はパソコンによるデジタル加工も必須事項となっています。ありのままを切り取るだけではなく、そこからイラストやアートグラフィックスにも通じるような芸術性を見出すことのできるのが写真の面白いところです。
この学部や学科から目指せるのは、フォトグラファーのほかにスタジオマン、写真作家などです。フォトグラファーと写真作家は似ているようで役割がかなり違うので、専門学校に通いながら自分の目指したい道を模索していくのもいいかもしれません。