イラストを学ぶ

PC

デザインの専門学校に通うことで、デザインに関する最先端のノウハウを学ぶことができ、頑張り次第で自分のスキルをいかようにも開花させることができます。専門学校に通うとなると、多くの学生と一緒に同じことを学ぶので没個性となるのではと心配する人もいるかもしれませんが、多くの専門学校は少人数制を採用しており、個々のスキルを伸ばすことに重点を置いています。専門学校のなかでも学び方はいろいろあるので、自分なりの学び方で好きなスキルを伸ばしていくことができるのです。

デザインの専門学校で学べるスキルには、たとえばイラストがあります。イラストというとこれまた範囲が広いですが、たとえばイラストのことが学べる学部や学科などのセクションからはイラストレーターになることができます。ほかにもアートディレクターやウェブデザイナーなどがあり、イラストに関するものであればすべてが守備範囲となります。
このようなセクションではたとえば、現在はデジタル制作が一般的ですが、基本的なスキルを身につけるためにアナログな技術から始めることがあります。鉛筆や墨、コンテなどさまざまなものを使ってあらゆる表現技法に触れ、自分にはどんなことができるのかを知っていきます。それから専門ソフトを使用したデジタルイラストの段階に入り、自分なりのセンスを磨いていくのです。
このようなカリキュラムのなかで、実践的な制作を行うこともあります。実際に雑誌や企業の広告イラストを描くなどの仕事が該当し、在学中から仕事感覚のデザインに触れることができるのです。

こういったセクションでは、資格もいろいろなものを取ることができます。たとえば色彩検定やDTPエキスパートなどがあり、これらの資格はデザイン以外の部門でも役立つため、将来の仕事の幅を広げるのに持ってこいです。もし資格取得を主眼において専門学校へ通うのであれば、多くの資格取得のバックアップをしてくれる専門学校を選ぶという選択肢もあります。